top of page
  • 税理士法人リライオン

いよいよインボイス制度が始まります vol2 受け取るインボイスについて

更新日:2 日前

○10月以降どのように変わるのか

【簡易課税方式を選択している場合】

 仕入や経費などの支払いに対して受け取る請求書やレシートがインボイス要件を満たしている必要はありません。支払先がインボイス登録をしていても、していなくても、消費税納税額に差はありません。


【原則課税方式を選択している場合】

 仕入や経費などの支払いに対して受け取る請求書やレシートがインボイス要件を満たしているかどうか、1つ1つ確認する必要があります。支払先がインボイス登録をしていなければ、今まで全額控除してきた消費税が8割しか控除できなくなります(3年間の経過措置※)ので、支払先がインボイス登録をしているか、していないかで消費税納税額だけでなく、当期の利益にも差がでることになります。


 注)基準期間の課税売上高が1億円以下等の事業者については、1回の取引の課税仕入が 税込1万円未満の場合はインボイスがなくても帳簿に記載するだけで全額控除できる措置が6年間設けられました。


※ 3年間の経過措置:令和8年9月30日を含む事業年度まで


例 インボイス登録をしていないAさんに外注費 1,100,000円を支払った場合

9月まで  控除できる消費税:1,100,000×10/110=100,000円

10月以降  控除できる消費税:1,100,000×10/110×0.8=80,000円

→ 100,000-80,000=20,000円(1,000,000×2%)納税額が増える

支払先がインボイス登録をしていないと、同額の支払に対して消費税納税額が税抜   支払額の2%増えると同時に、経費が2%増えることになります。


 現在免税事業者である場合は、インボイス登録をした後、3年間(上記※参照)は売上にかかる消費税の2割を納税すればよいという経過措置が設けられています。

 上記の例でいうと、Aさんがインボイス登録をされなければ外注費を支払う側の消費税 納税額と経費が20,000円増えますが、インボイス登録をされれば、Aさんがこの取引に 関して税務署に支払う消費税は20,000円(1,100,000×10/110×0.2)になり、外注費を支払う側は今まで通り全額控除できます。Aさんがインボイス登録するかしないかで、 どちらかが20,000円を負担することになりますね。

外注先等にインボイス登録をしてもらうように促したり、価格の折衝をする際は下請 法に留意して、一方的な通告をしないなどの注意が必要です。


※このコラムは2023年7月18日現在の法令等によっています


-経営Quarterly 2023/7/18号(206号)より抜粋-





最新記事

すべて表示

採用サイトを公開しました

採用サイトを公開しました。 税理士もしくは税理士科目合格者を募集中です。 私たちと共に中小零細企業や地域の方々のお役に立つ仕事をしませんか? くわしくは下記のサイトやIndeed等の求人サイトをご参照下さい。 https://relyon-tax.jbplt.jp/

所得税の定額減税の概要 Part2

○6月以降の月次定額減税事務(Part1から続きます) 3 給与支給控除明細と源泉徴収簿への記載 6月1日以降に作成する給与支給控除明細では、減税控除前の源泉所得税と控除した月次減税額を記載します。源泉徴収簿にも減税控除前の源泉所得税と控除した月次減税額をそれぞれ記載します。 記載例) Aさん 給与6/25払 給与     500,000円 源泉所得税   18,000円:控除前の額 定額減税

所得税の定額減税の概要 Part1

所得税の定額減税の概要と実施方法は以下の通りです。減税ですので、所得税納付額から控除する形で実施されます。対象は令和6年分所得税の納税者である居住者で、令和6年度の合計所得金額が1,805万円(給与収入2,000万円)以下の方になります。 ○定額減税額 ・納税者本人(国内居住者に限る)              30,000円 ・同一生計配偶者及び扶養親族(国内居住者に限る) 1人当たり30,00

Comments


bottom of page