top of page
  • 藪木総合会計

そもそもインボイスには何を書けばよいのか?

 令和5年10月1日から消費税の仕入税額控除の方式として適格請求書等保存方式(いわゆるインボイス制度)が導入されます。消費税課税事業者の皆様はインボイス発行事業者の登録申請を済まされた方も多いことと思います。免税事業者の皆様にはインボイス発行事業者登録をされるかどうかについて、順次ご説明をさせていただいているところです。

 発行事業者登録が済まれましたら、インボイスの記載事項を把握して請求書発行ソフトやレジの対応を事前に準備しましょう。


インボイスの記載事項は以下の通りです。


国税庁「適格請求書等保存方式の概要」令和4年7月パンフレット P6より抜粋



 一般的には左の「適格請求書」の6つの項目を記載します。現在の請求書と異なる点は上記6項目のうち、下線が引かれた部分になります。①税務署から通知されたTから始まる事業者登録番号を記載することと、④税率ごとに区分した請求合計額(税込または税抜金額)と適用税率、及び⑤税率ごとの消費税額合計を記載する点です。

 右は「適格簡易請求書」で、不特定多数の者に対して販売等を行う小売業、飲食店業、タクシー業等にかかる取引の場合はこちらを交付することができます。


-経営Quatery 2022/10/17号(204号)より抜粋-


最新記事

すべて表示

採用サイトを公開しました

採用サイトを公開しました。 税理士もしくは税理士科目合格者を募集中です。 私たちと共に中小零細企業や地域の方々のお役に立つ仕事をしませんか? くわしくは下記のサイトやIndeed等の求人サイトをご参照下さい。 https://relyon-tax.jbplt.jp/

所得税の定額減税の概要 Part2

○6月以降の月次定額減税事務(Part1から続きます) 3 給与支給控除明細と源泉徴収簿への記載 6月1日以降に作成する給与支給控除明細では、減税控除前の源泉所得税と控除した月次減税額を記載します。源泉徴収簿にも減税控除前の源泉所得税と控除した月次減税額をそれぞれ記載します。 記載例) Aさん 給与6/25払 給与     500,000円 源泉所得税   18,000円:控除前の額 定額減税

所得税の定額減税の概要 Part1

所得税の定額減税の概要と実施方法は以下の通りです。減税ですので、所得税納付額から控除する形で実施されます。対象は令和6年分所得税の納税者である居住者で、令和6年度の合計所得金額が1,805万円(給与収入2,000万円)以下の方になります。 ○定額減税額 ・納税者本人(国内居住者に限る)              30,000円 ・同一生計配偶者及び扶養親族(国内居住者に限る) 1人当たり30,00

Comments


bottom of page