top of page
  • 藪木総合会計

インボイス制度への準備を始めましょう

令和5年10月1日から消費税の仕入税額控除の方式として適格請求書等保存方式(いわゆるインボイス制度)が導入されます。インボイス発行事業者の登録申請は昨年10月から始まり、徐々にインボイス発行事業者登録を完了された事業者が増えてきました。

申請期限は来年3月末ですので、登録するかどうかの検討が必要な時期になっています。


インボイス制度とは、税務署に登録した事業者のみが「適格請求書(インボイス)」を発行できる(発行義務がある)制度のことです。適格請求書(インボイス)でなければ、受け取った事業者は仕入税額控除ができなくなります(経過措置あり)。


仕入税額控除とは、原則課税方式で消費税を計算して納税している事業者が、売上先から預かった消費税から控除できる「仕入や経費にかかる消費税額」のことです。

 原則課税では[売上の預り消費税]-[仕入や経費の仮払消費税]=[税務署に納税する額]となりますが、仕入や経費の請求書等が適格請求書(インボイス)でなければ計算上控除することができなくなります。なお、簡易課税制度を選択していれば、インボイスを受け取らなくても納税額の計算は変わりません。簡易課税制度では売上の預り消費税から納税額を算出しますので、仕入や経費の消費税額の影響を受けないからです。


インボイス発行事業者登録の方法は、税務署に「適格請求書発行事業者の登録申請書」を提出するだけです。2週間程度で「適格請求書発行事業者の登録通知書」が送付されてきて、そこにTで始まる登録番号が記載されています。インボイス制度開始後、この番号を自社が発行する請求書等に記載することになります。


事業者登録をしなければどうなる?

 適格請求書(インボイス)を発行できないため、売上先(得意先)が原則課税先の場合は仕入税額控除が受けられないため、「消費税額=10%」(の一部)について値引を要求される可能性があります。新規得意先の開拓が難しくなることも考えられます。


事業者登録をしてデメリットはないの?

①登録事業者は「適格請求書」を発行し、写しを7年間保存する義務があります。また、 返品や値引などをした時には「適格返還請求書」を発行する必要があります。

②免税事業者のままでは登録できず「適格請求書」が発行できません。免税事業者は課税 事業者になって、消費税を納税する必要があります。


登録せずに請求書に登録事業者番号を書いたらどうなる?

 適格請求書と誤認される書類の交付は禁止されており、違反すれば罰則規定があります。

登録事業者かどうかは、国税庁適格請求書発行事業者公表サイトで確認できます。


 弊事務所でもまずは現時点で課税事業者の事業者から、順次、登録申請の代行を始めております。詳しくは事務所及び担当者までおたずね下さい。


-経営Quatery 2022/7/19号(203号)より抜粋-


最新記事

すべて表示

採用サイトを公開しました

採用サイトを公開しました。 税理士もしくは税理士科目合格者を募集中です。 私たちと共に中小零細企業や地域の方々のお役に立つ仕事をしませんか? くわしくは下記のサイトやIndeed等の求人サイトをご参照下さい。 https://relyon-tax.jbplt.jp/

所得税の定額減税の概要 Part2

○6月以降の月次定額減税事務(Part1から続きます) 3 給与支給控除明細と源泉徴収簿への記載 6月1日以降に作成する給与支給控除明細では、減税控除前の源泉所得税と控除した月次減税額を記載します。源泉徴収簿にも減税控除前の源泉所得税と控除した月次減税額をそれぞれ記載します。 記載例) Aさん 給与6/25払 給与     500,000円 源泉所得税   18,000円:控除前の額 定額減税

所得税の定額減税の概要 Part1

所得税の定額減税の概要と実施方法は以下の通りです。減税ですので、所得税納付額から控除する形で実施されます。対象は令和6年分所得税の納税者である居住者で、令和6年度の合計所得金額が1,805万円(給与収入2,000万円)以下の方になります。 ○定額減税額 ・納税者本人(国内居住者に限る)              30,000円 ・同一生計配偶者及び扶養親族(国内居住者に限る) 1人当たり30,00

Comments


bottom of page