top of page
  • 税理士法人リライオン

令和5年度税制改正が成立しました Vol.1

 今年の税制改正のうち影響が大きいポイントを抜粋してお知らせします。


【贈与税に関する改正】

1 暦年贈与の相続財産への加算が7年間に延長されました

 現行では、暦年課税により被相続人の相続開始前3年間に受けた贈与財産は相続時に相続財産に加算する必要があり、相続税の対象となります。

 今回の改正により、相続財産に加算しなければならない期間が7年間に延長されました(延長された4年間の贈与のうち総額100万円までは加算されません)。

 令和6年1月1日以降の贈与から適用になりますので、令和9年の相続からこの改正の影響が出始め、徐々に加算期間が増えて、令和13年の相続から丸7年間が加算対象となります。

 なお、相続財産への加算対象者は現行通り、相続や遺贈によって財産を取得した方のみですので、相続人や遺贈を受ける方以外の方が受けた暦年贈与は相続財産に加算されません。


2 相続時精算課税制度に基礎控除が創設されました

 父母や祖父母から相続時精算課税を選択して贈与を受ける場合、これまでは相続時精算課税を選択した後は、少額の贈与を受けてもすべて申告しなければなりませんでした。

また、相続時精算課税を選択届出した贈与者である父母や祖父母の相続時には、相続時精算課税選択以降に受けた贈与の累計額をすべて相続財産に加算する必要がありました。

 今回の改正で「基礎控除」の制度が創設され、相続時精算課税を選択した後も年間110万円までは相続財産に加算されないことになりました。

 令和6年1月1日以降の贈与から適用になり、令和5年度までに相続時精算課税制度を選択した方も、令和6年度以降の贈与は年110万円まで相続財産への加算が不要となります。

 なお、相続時精算課税を選択した場合、贈与者ごとに贈与財産2500万円まで贈与税がかからないことや、相続時精算課税で取得した土地に対して、相続税申告時に小規模宅地の特例を適用できないことは現行通り変更ありません。


 今後の生前贈与について、暦年課税か相続時精算課税かどちらを選択すればよいかは、財産やご家族の状況によって異なりますので、事前にご相談いただくことをお勧めします。

※このコラムは記事は2023年4月17日現在の法令等によっています


-Quaterly Topics 2023.4.17号より抜粋-

最新記事

すべて表示

採用サイトを公開しました

採用サイトを公開しました。 税理士もしくは税理士科目合格者を募集中です。 私たちと共に中小零細企業や地域の方々のお役に立つ仕事をしませんか? くわしくは下記のサイトやIndeed等の求人サイトをご参照下さい。 https://relyon-tax.jbplt.jp/

所得税の定額減税の概要 Part2

○6月以降の月次定額減税事務(Part1から続きます) 3 給与支給控除明細と源泉徴収簿への記載 6月1日以降に作成する給与支給控除明細では、減税控除前の源泉所得税と控除した月次減税額を記載します。源泉徴収簿にも減税控除前の源泉所得税と控除した月次減税額をそれぞれ記載します。 記載例) Aさん 給与6/25払 給与     500,000円 源泉所得税   18,000円:控除前の額 定額減税

所得税の定額減税の概要 Part1

所得税の定額減税の概要と実施方法は以下の通りです。減税ですので、所得税納付額から控除する形で実施されます。対象は令和6年分所得税の納税者である居住者で、令和6年度の合計所得金額が1,805万円(給与収入2,000万円)以下の方になります。 ○定額減税額 ・納税者本人(国内居住者に限る)              30,000円 ・同一生計配偶者及び扶養親族(国内居住者に限る) 1人当たり30,00

Comments


bottom of page