top of page
  • 税理士法人リライオン

令和5年度税制改正が成立しました Vol.2

【消費税(インボイス制度)に関する改正】

1 小規模事業者の納税額に係る負担軽減措置

免税事業者がインボイス発行事業者を選択した場合の負担軽減を図るため、納税額を売上にかかる税額の2割に軽減する措置が3年間(インボイス制度の開始から令和8年9月30日の属する課税期間まで)設けられます。

 例えば売上700万円(税込770万円)であれば、700万円×消費税率10%×2割=14万円を納税することになります。


2 一定規模以下の事業者に対する事務負担の軽減措置

 基準年度(前々年度)における課税売上高が1億円以下の事業者は、インボイス制度の施行から6年間、税込1万円未満の課税仕入れについて、インボイスの保存がなくても帳簿の保存のみで仕入税額控除をしてもよいこととされました。

 ※1万円未満は、1商品当たりではなく、1回の取引合計額になります。

 なお、基準期間における課税売上高が1億円超でも、前事業年度開始の日以後6か月間の課税売上高が5千万円以下である場合は特例の対象となります。


3 少額な返還インボイスの交付義務の見直し

 インボイス制度施行後は、売上値引に対して「返還インボイス」を発行しなければならないとされていますが、事業者の実務に配慮して事務負担を軽減する観点から、税込1万円未満の少額な値引きや入金時に差し引かれた振込手数料等については、返還インボイスの交付が不要とされました。適用期限はありません。


4 インボイス登録手続きの見直し

 インボイス制度に翌課税期間の初日から登録する場合や登録の取消をする場合の申請書の提出期限が課税期間開始の15日前に短縮されました。

 なお、経過措置により、免税事業者が令和5年10月1日以降にインボイス発行事業者登録をして課税期間の途中から登録を受けようとする場合は、登録申請書に申請書提出の日から15日以降の日を登録希望日として記載して、その日からインボイス事業者になることとされました。


※このコラムは2023年4月17日現在の法令等によっています


-Quaterly Topics 2023.4.17号より抜粋-

 

最新記事

すべて表示

採用サイトを公開しました

採用サイトを公開しました。 税理士もしくは税理士科目合格者を募集中です。 私たちと共に中小零細企業や地域の方々のお役に立つ仕事をしませんか? くわしくは下記のサイトやIndeed等の求人サイトをご参照下さい。 https://relyon-tax.jbplt.jp/

所得税の定額減税の概要 Part2

○6月以降の月次定額減税事務(Part1から続きます) 3 給与支給控除明細と源泉徴収簿への記載 6月1日以降に作成する給与支給控除明細では、減税控除前の源泉所得税と控除した月次減税額を記載します。源泉徴収簿にも減税控除前の源泉所得税と控除した月次減税額をそれぞれ記載します。 記載例) Aさん 給与6/25払 給与     500,000円 源泉所得税   18,000円:控除前の額 定額減税

所得税の定額減税の概要 Part1

所得税の定額減税の概要と実施方法は以下の通りです。減税ですので、所得税納付額から控除する形で実施されます。対象は令和6年分所得税の納税者である居住者で、令和6年度の合計所得金額が1,805万円(給与収入2,000万円)以下の方になります。 ○定額減税額 ・納税者本人(国内居住者に限る)              30,000円 ・同一生計配偶者及び扶養親族(国内居住者に限る) 1人当たり30,00

Comments


bottom of page